専門医のサポート

最新情報

2017年12月22日
福岡の大腸検査とクリニックを更新。
2017年12月22日
専門医のサポートを更新。
2017年12月22日
心配ならすぐに相談するを更新。
2017年12月22日
優良な医療機関を更新。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

経験豊富な医師

中高年ともなるとがんへの罹患率が高くなるといわれていますが、特に年配の方が注意していかなくてはならないのが大腸がんです。肺がんや胃がんなどに関しては定期検診などでがんへの罹患が発見されることが多いのですが大腸がんの場合、定期検診では発見されることはほとんどなく排泄物に血が付着しているのを発見して初めてがんへ罹患していることに気づくケースが大半です。そのため、大腸がんは知らぬ間に進行してしまい最悪の場合には命を落としてしまうこともあるのです。
大腸がんへの罹患を早期に発見したり、がんの進行を早期に食い止めるには他のがんのように定期的に内視鏡による検査を受けておくことが大事です。大腸内視鏡検査は盲腸から直腸までをくまなく精密に検査することができ、ポリープなどが発見された場合にはその場で切除をしてより精密な検査に回すことができます。その結果、大腸がんの早期発見や進行を食い止めることにつながるのです。福岡で大腸内視鏡検査を行っている医療機関はたくさんありますが、内視鏡検査にあまり慣れていない福岡の医療機関では検査の際に苦痛を感じるなどの肉体的負担がかかってしまうこともあります。そのため、福岡で大腸内視鏡検査を受けるのであれば、経験を十分に積んだ医師のいる医療機関を選択した方がいいでしょう。

大腸の内視鏡検査を定期的に受けましょう

最近は健康ブームですが、自分の体を定期的にチェックしていますでしょうか。企業においても毎年人間ドックを推奨し、補助金を支給するところもあります。ただ、人間ドックにおいても全てをチェックすることはあまりません。例えば、大腸のチェックはされていますでしょうか。
大腸もポリープや癌ができやすい部位ですので、できれば内視鏡を利用して大腸検査をされることをお勧めします。
内視鏡検査は大変そうな気がしますが、手軽に大腸を検査することができます。
もし、内視鏡検査を受ける際には、福岡にある病院をお勧めします。福岡にはたくさんの病院や専門医がいらっしゃいます。さらに大学病院もありますので、医療機関の環境としては十分に整っています。
また、福岡市は九州の最大都市で、人口も多く、また交通の要所でもあり、九州各地からアクセスしやすくなっています。そして、医療機関での検査も日帰りで実施できます。
例えば、九州新幹線を利用して鹿児島から福岡に行き、検査をして鹿児島に帰るということも、1日で余裕にできます。
大腸については静かな臓器であり、異常があってからでは治癒には時間がかかる、または治癒しにくい臓器です。毎年1回は内視鏡で検診をしましょう。

Copyright(C)2017 気になる大腸の健康を福岡の内視鏡検査でチェック All Rights Reserved.