ネックストラップについて

ネックストラップとは、英語を直訳したとおり、首にかけるストラップのことです。1985年にアメリカの産業デザイナー、ジョン・D・エーカーによって開発されました。開発当初は金融情報端末で利用することを目的としていたが。携帯電話の普及や、2000年代よりカード型の社員証や職員証などをネックストラップを用いて名札として使う目的から広く普及しています。ネックストラップの開発された1980年代はアメリカの金融界にとって激変の時代でした。1971年にニクソンショックによって金とドルの兌換制度が禁止されてから、アメリカでは金融派生商品の取引が活発になり、さらに1980年代のコンピュータの急激な進化によって、秒速で金融市場は動くようになりました。それにあわせて金融情報事業者が躍進し、1983年にあるアメリカの合衆国の大手総合情報サービス会社がセカイに先駆けて小型の金融情報配信端末を発売しました。


小型であることは大いに評価されたが、端末の重さが最大のネックだったそうです。結局、重さを理由にこの携帯情報端末はそれほど売れることはなかったようです。このネックストラップの使われ方ですが、よく見かけるのが病院です。名札のように宗元につけているところもありますが、今では、ネックストラップ式になっているところも増えてきました。これは従来のピン型での名札だと、例えば小児科なんかで子供を抱っこしたときにピンがはずれて刺さってしまったなどの不測の事態が起こるかもしれないので、事故防止にもつながっています。そこで今広がりをみせているのが医療現場での需要になります。次に、医療現場で多いのが、院内電話で使用していることです。そのネックストラップには、大抵、医療用携帯電話と印字されているものが多く使用されています。これは、医療機器の周辺で携帯電話を使用することを懸念する人から、この携帯電話は院内関係者が利用する特別なものであるという認識を周辺の人々に告知し差別化することにほかなりません。次に多く見られるのが、社員証をネックストラップとしてぶら下げている会社です。他には、何かの祭事の係員を表示するのにも使われています。


このように、通常の携帯ストラップのアクセサリー的な使用方法から比べると、かなり実用的名側面で使用されることが多いです。こうなると、あまり、ファッション性は重視されず、簡単な平紐のタイプでそこに、会社名や医療用など用途を表す文字が印字されていることが多いです。